女の闘い

脱毛はコンプレックスと羞恥心の塊のようなものだと思います。自分が怠けてしまえば目に見えてわかるし、頑張って処理していれば綺麗に清潔感のある肌を保てます。周囲の目も気にしなければなりませんし、異性の視線も同性の厳しい目もきになります。より良い状態を保つにはサロンに通わねばならず、そのために働かなければなりません、毎日毎日、自分の目でチェックして他人の視線を気にしながら戦っているのだと思います。脱毛が上手くいっていて肌がきれいであれば気持ちも明るくなり、前向きに生きていけるような気がします。異性というよりは同性や自分の為の脱毛なのだと思います。美意識とプライドの結晶が脱毛であり、女性の闘いだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ