緊張する場所

緊張する場所

まず、一番にあるのが通うことを知人には知られたくない、ということです。やっぱりきれいになる場所とはいえ、「脱毛」というイメージは自分の中で、行くことは恥ずかしいので、プライバシーを大事にしてほしいと思います。自分のきれいではない場所を見られているのと、服を脱いで横になるので、お店の方にもあまり自分のことに対して踏み込んでほしくないと感じると思います。なので、店員さん同士がお喋りしていたりするのだけでも、とても気になると思います。
 
また、痛みを伴うイメージもあるため、より緊張してしまうように感じます。歯医者さんに行くのと同じような感覚かもしれません。ただ、リラックスできるように音楽が流れていたり、温かい雰囲気の場所が多いイメージなので、慣れてしまえば、気持ちをリラックスさせられる場所としてうつるひともいるのかもしれません。壁は暖色のものが多かったりするようなイメージがあります。施術後はさっと帰るイメージがあるので、もっとのんびりできる空間があってもいいのかもしれません。

高い、永久じゃない、勧誘

高い、永久じゃない、勧誘

両ワキとVラインは安いものが多いけれど、腕、脚や全身など他の場所を脱毛したい場合はかなりお金がかかってしまうイメージ。月ごとだと結局高くなるし(そもそも毛周期があるので同じ個所でも2,3か月感覚を開けなければいけないと聞いたことがある)、キャンペーンなどで来た人を高いプランに勧誘するんじゃないかという不信感が大きい。でも、たとえば無期限で定額のプランがあるならば、少し高くても脱毛したい。特に顔、腕、脚。無料体験としてエターナルラビリンス、エピレに行ったことがあるけれど、前者はもう勧誘する気まんまん。後者も、サロンはきれいだけれどうーんという感じ。

キャンペーンはワキ・Vサロンが無制限プラス腕脚は3回、というものは見たことがあっても、結局3回だと回数として不十分でまたもとに戻るので、それはイコールお金の無駄。そういったプランをどのサロンも出していることに、脱毛サロン=永久脱毛ではなくお金を取れるだけ取って成果なし、という結論。それなら面倒でもシェーバーなどで自宅でケアする。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ