授乳中に脱毛再開は絶対にサロンで断られる?

「授乳中の脱毛もダメなの?」授乳中はホルモンバランスが不安定で肌が敏感な時期のために、脱毛による肌トラブルを起こしてしまう可能性が高く、また脱毛効果も表れにくいことから、ほとんどのサロンでは脱毛は出来ません。また、授乳中は脳下垂体から分泌される「プロラクチン」というホルモンが多く分泌されます。プロラクチンは乳腺の発達を促し、乳汁を分泌するホルモンなのですが、このホルモンの影響によって、毛が濃くなるという症状を感じる場合もあります。そのため授乳中は、脱毛しても逆に毛が濃くなってしまう可能性があり、効率よく脱毛していくことができないので、脱毛を断るサロンが多いのです。

それに比べてクリニックは、授乳中でも施術可能なところが比較的多いです。医療機関であるため、もし肌トラブルが起こったとしても、薬を処方したり、治療可能だからです。とは言っても、脇や胸は施術できない、といった制限を設けているクリニックもあるので、妊娠の可能性が少しでもある方は事前に確認しておくことをおすすめします。

「じゃあ、卒乳したらどこでもすぐに脱毛してもらえるの?」授乳を終了したとしても、生理が再開していないと受けられない、生理が最低でも2回順調に来ていないと受けられない、などサロンによって対応が異なります。ちなみに出産後生理が再開するのは、母乳育児の人で約1年前後、ミルク育児の人で約3ヶ月前後と言われています。ただあくまでも統計なので、母乳育児で再開するまでに2年近くかかったといった話も聞きますので、焦らずに生理が再開するのを待たれるのがいいと思います。

「クリニックは授乳中でも脱毛してくれるところが多いって聞いたけど、母乳には影響は無いってこと?」はい、そうです。レーザー脱毛のレーザーや光脱毛の光は、メラニン色素に反応する性質を持っていて、肌の浅い部分にしかレーザーや光は届きません。よって母乳には影響がありません。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ