脱毛サロンでムダ毛がなくすと黒ずみが目立たないか心配

「脱毛することによって肌に黒ずみができてしまうっていうのは本当?」脱毛することによって肌に黒ずみができてしまうのは、頻繁にムダ毛の自己処理を行っていることが原因です。

肌は外側から何らかの刺激が与えられると、その刺激から肌を守るために、バリア機能を持つメラニン色素が作られます。黒ずみの原因はこのメラニン色素による色素沈着なのです。本来メラニン色素を含んだ表皮細胞は、紫外線などの刺激から肌を守ってくれる、なくてはならないものです。しかし、剃刀や毛抜きでのムダ毛処理などで肌に強い刺激を与えることによって、大量のメラニン色素が作られてしまいます。そして肌のターンオーバーが間に合わなかった場合、このメラニン色素が表皮に残り続けることになり、黒ずみになるというわけです。特に日本人はこのメラニン色素の保有量が多い人種と言われています。個人差はありますが、下着などの摩擦でも黒ずみが出来てしまうほどです。このことからも分かるように、ムダ毛の自己処理は少しでも早く止めるべきだと思います。自己処理で肌に刺激を与え続けることによって、より頑固な黒ずみになっていくからです。

「でも、脱毛したら肌の黒ずみが目立って慌てたって話を聞いたんだけど?」デリケートゾーンを脱毛してみて初めて、肌の黒ずみに気付くという話はよく聞きます。下着などの摩擦や生理などの不衛生な環境で炎症が起きてしまい、それが原因で黒ずみが出来てしまっていたと考えられますが、せっかく脱毛したのに黒ずみが目立ってしまっては意味が無いですよね。これで着れると思っていた水着も、今度は黒ずみが気になって着れません。

そういった悩みの声が多い中、黒ずみ専用の美白クリームなどを取り扱うサロンやクリニックが多く見られるようになりました。独自に開発したオリジナル商品を扱うところも多く見られ、高い効果が期待できます。また、脱毛中や脱毛後の肌ケアサービスを同時に行うところも増えてきているので、ご安心下さい。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ