ワキガで悩んでる人はワキ脱毛するべき?

巷でよく耳にする「ワキ脱毛でワキガが治る」という噂。はたまた逆に「ワキ脱毛をしたことによってワキガになった気がする…!?」といった相反する意見もあるようです。これらの実態に迫るべく、ワキ脱毛とワキガの関係性を以下にお伝えしたいと思います。

皆さんはワキから放出される汗には実は2種類あるのをご存知でしょうか?「エクリン腺から放出される汗」と「アポクリン腺から放出される汗」です。これらの汗腺の種類の違いによって、放出されている汗の物質が異なります。

一つ目の「エクリン腺」から放出される汗については、その殆どが水分であり約1%ほどに塩分が含まれているだけのサラサラとした汗です。こちらは夏の暑い日や走った後などに体温調節という役割で放出される汗です。エクリン腺は全身にあり、ほぼ臭いがすることはありません。
問題は二つ目の「アポクリン腺」から放出される汗です。こちらがいわゆる「ワキガ」の元凶とされる汗で、脂肪やアンモニアなどが含まれた粘り気のある汗です。この汗と皮膚にある菌とが合わさり、ワキガ特有の臭いが発生してしまいます。つまり、脇毛ではなくアポクリン腺から放出される汗が臭いの元凶であるため、ワキ脱毛を実施したからと言ってワキガが完治することはありません。しかし、実はワキ脱毛をすることで、ワキガの臭いを軽減させることは可能です。ワキガの臭いは脇毛の毛量が多いとそれだけ強く臭ってしまいますが、ワキ脱毛のお手入れを行う事でムダ毛が無くなり臭いの元が減少するためです。

一方で「ワキ脱毛をしたことでワキガになったような気がする!?」という意見について検証してみましょう。こちらについてもワキガの原因はあくまでもアポクリン腺から放出される汗であるため、ワキ脱毛施術によってワキガを罹患するということはありえません。しかし、ワキにあったムダ毛の減少により汗が流れやすくなるというのは事実であり、これによって以前よりも敏感にワキ汗を感じてしまっただけでしょう。以上の内容をまとめると、ワキ脱毛によってワキガになることも完治することもありませんが、ムダ毛の減少に伴い臭いが抑えられるという効果はあるということですね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ