脱毛当日に熱が38℃以上あるのですが大丈夫?

脱毛当日に熱が38℃以上あるのですが大丈夫?-1

「やっと都合をつけて脱毛の予約を取ったのに・・・!」というお気持ちがどうしても強くなってしまいますよね。そのお気持ち、よく分かります。でも、38℃以上の高熱に限らず発熱時の脱毛は肌トラブルを招くだけでなく、体調を悪化させてしまうこともあるので脱毛の施術を受けるのは控えておきましょう。38℃以上の高熱ですとサロンから施術は断られてしまいますので、当日高熱が出てしまった場合は、すぐにサロンに事情を伝えて、当日のキャンセルと次回の予約手続きをしましょう。

施術当日ですと、担当スタッフや脱毛マシーンもすでに割り当てやスタンバイ、調整がされていますので、できれば予約時間より前に連絡するのがよいですね。また、電話した時に、「どうしても今日施術をしてほしい」ということはお伝えにならず、体調が悪いこと、当日のキャンセルだということ、次回の予約はどうなるのかをあっさりとお伝えになるほうが、サロンともその後良い関係をキープできると思いますよ。

脱毛当日に熱が38℃以上あるのですが大丈夫?-2

では、なぜ高熱が出た時にサロンが施術を行なうことをできないのかですが、熱があるというのは何らかの要因で体に炎症反応が起きているということになります。お肌も発熱によって不安定で敏感な状態になっているので、そこに強い光を照射してしまうと、健康な時よりも過剰に肌が反応して、いつもは感じない痛みがあったり、肌トラブルを起こしてしまうのです。

これでは、脱毛の効果は低くなってしましますよね。また、脱毛の施術を受けるとき、パーツにもよってはタオルガウンだけに着替える場合もありますし、冷却ジェルで体温が一気に下がってしまう場合もあります。それによって体調がさらに悪化してしまうこともあるので、サロンは基本的に体調が悪い時は脱毛の施術しないことになっています。たとえ、高熱を無理をしてサロンに行っても体調不良を理由にサロンから帰されることもありますので、熱が出てしまった場合は、決して無理をせず、体調回復をまず第一にして安静にしておくことが何よりです。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ