授乳中の脱毛はダメなの?

授乳中の脱毛はダメなの?-1

妊娠、ご出産を機に、「赤ちゃんのお世話が始まる前に」、または「お子様に手がかからないうちに」脱毛しておきたいというご希望はとても多いようですね。妊娠時の脱毛はお腹の赤ちゃんへの影響を考えておやめになる方がほとんどですが、ご出産後の授乳中の方ですと焦ったように脱毛を希望される方もいらっしゃいます。

はっきり申し上げますが、妊娠中も含めて授乳中の脱毛はお控えになったほうがよいと思います。光脱毛の場合、肌のごく浅い部分に光を照射するだけなので、妊娠中にお腹の赤ちゃんに影響があったり、また母乳に何か影響があったりということは全くありませんので心配ありませんが、妊娠中や授乳中の方への脱毛をお断りするサロンは多いです。なぜかというと、出産前後、また授乳時はホルモンバランスが、健康が正常時、つまり生理が正常サイクルの時と比べてかなり崩れていて、肌のコンディションがベストではなく、肌トラブルが起きたり、痛みを強く感じたりするために脱毛効果が低くなってしまうからなんですね。

授乳中の脱毛はダメなの?-2

特に、授乳中は多毛症を引き起こす「プロラクチン」というホルモンが多く分泌されるので、時には、急に毛が太く濃くなったりするため光の照射出力を安定させることができません。このように、体毛も肌の状態もホルモンのバランスが大きく関わっていて、このバランスが崩れてしまうと、乾燥しやすかったり、体毛が濃くなったり、逆に薄くなったりすることがあるので、安定していない状態で脱毛の施術を受けても高い効果は出にくいのです。

では、「授乳中はずっと脱毛ができないのか?」というと、そうではありません。出産後、生理が再開すると、サロンは問題なく脱毛の施術を受け付けてくれますよ。生理の再開は、崩れていたホルモンバランスが整った証拠ですから安心してくださいね。せっかく脱毛をするのなら、一番高い効果を出しながら、効率の良い脱毛で高い効果を得たいたいですよね。ご出産後、授乳中で「今のうちに・・・!」と急いてしまう気持ちはよく分かりますが、体のバランスがしっかり落ち着いてから施術を受けられることをおすすめします。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ