ありえないほど汚いサロン

ありえないほど汚いサロン

インターネットで激安として広告を掲載している某脱毛エステサロンに行ってきた時のことです。初回の予約を入れて来店し、脱毛について一通りの説明を受け、さあどのプランで契約するか否かという時になり、「今日契約していただければこの金額で提案させていただきますが・・・」との話が。もともと契約するつもりでいたけれど、契約を半分強要されてる感じがしました。不審に思いながらも契約したのが間違いだったのですが。

日を改めて最初の処置の日、予約の時間を守るのは当然のこと、事前の除毛も行いサロンへ向かうと「明日の予約ですね。今日やりたいなら別料金になりますが」との言葉。予約カードには当然今日の日付があり、前日に電話連絡もあったのにおかしいとごねると、じゃあ今回だけとなんとか処置をすることに。いざ部屋に通されてガウンに着替えると、何故か畳んで置いてあったガウンに毛が。しかも1本2本ではなく複数本、短い毛だけでなく陰毛とも思われるような毛まで。その上ベッドにも毛がバラバラと散らばってました。気持ち悪くてとてもお願いする気になれず、こんな不衛生な所でできないと断り帰宅しました。即本部へ連絡し、証拠として撮った写メもメールで送ったら、申し訳ありませんと謝罪の言葉。接客もサービスもとにかく汚いサロンでした。当然解約しました。

ありえないほど汚いサロン

私が施術してもらったところは会社自体は大きな会社ではなく個人経営に近いサロンでした。私は全身脱毛を希望していましたのでそれなりに金額もかかってしまいます。なのでローンを組んで契約しました。脱毛が終了するまで約2年。それに合わせてローンも2年弱くらいで返済できるように設定しました。年半ちかくは順調に施術も進んだいったのですがあるとき、いつも通り予約の日にちにサロンに行ったらお店は営業していませんでした。ドアには張り紙が1枚。閉店の知らせの張り紙でした。なんの前触れも無く、急に。そのときは、なんでこんな急なのか?もって事前に分かることではないのか?など疑問と同時にかなりの苛立ちがありました。

その後、代わりの担当者から連絡があり、今後についての説明をされました。サロンは閉店したけどローンは残るということ。他のサロンを紹介するけどそこでは別途で料金が発生するということ。残りのローンが返金される確立はかなり低いといわれました。残りの施術回数も2回くらいだったこともあり諦めました。そこで紹介されたサロンには行く気にもなれず、お断りしました。脱毛サロンは競争率も高い為、閉店しローンだけが残ってしまうケースもあるとその時初めて知りました。大手が潰れないということではありませんが小さなサロンよりリスクは低いのかと感じます。”

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ